相模国 足柄城

足柄城址石碑

所在地:神奈川県南足柄市矢倉沢
■■■■■■*静岡県駿東郡小山町竹之下■■

■■駐車場:  あり■■
■■御手洗:  あり■■

遺構保存度:★★★■■
公園整備度:★★■■■



霞城とも呼ばれる足柄城がある海抜759mの足柄峠は古東海道が通過する交通の要衝。
平安時代の864年(貞観6年)に富士山が噴火し、東海道は箱根を越えるよう変更されたが
その後もこの足柄道は併用され続けたようであり、「神の御坂」と称された足柄峠は
東国の入口として重要な拠点であったようだ。899年(昌泰2年)関東で群盗が横行、
貢納物を強奪された事件により時の太政官府は足柄峠に関所を設置、取り締まりに
当たらせたのだがその効果は目覚しく、群盗は1年足らずで退治されたとの事。
足柄峠の防備が如何に重要なことであったかを如実に現している。
役目を終えた関所はじきに廃れたが、南北朝期に再び軍事的重要度が高まり、
1335年(建武2年)12月、後醍醐天皇方の新田義貞・脇屋義肋(義貞の弟)・二条為冬らの
軍勢が封鎖する箱根を足利尊氏・直義(尊氏の弟)の軍が突破して西へ向かった
竹ノ下の戦いにおいて、足利軍の本営が置かれた地とされてござる。
戦国期になるとますます足柄峠の備えは重要な意味を持つようになった。
ここは駿河・甲斐そして相模の三国をまたぐ境界線であり、それはそのまま東国戦国大名の
雄たる今川・武田・北条の3氏が三つ巴の抗争を展開した場所だからだ。甲斐武田氏に
備えるべく、小田原の後北条氏は城を建築、徐々に全山を城塞化していく。正確な創建年代は
はっきりしないが、1536年(天文5年)〜1537年(天文6年)にかけて駿河今川氏が後北条氏との
友好関係を解消し甲斐武田氏と交誼を結んだ事件に関連し、駿河・甲斐両国への臨戦態勢を
とった北条氏綱の命令で築かれたと考えられ申す。この後、今川・武田・北条の3者間で
和議が成立、有名な甲相駿三国同盟が1554年(天文23年)3月に結ばれるが、足柄城の
重要性が薄れた訳ではなく整備・拡張は続けられた。1555年(弘治元年)北条氏康が
三田郷(神奈川県厚木市)の農民に足柄城の普請の人足を出すよう命じた文書があり、
同盟締結後も国境防備の城郭として手が加えられていたのでござる。
15年ほど後の1568年(永禄11年)武田氏の違約で三国同盟が破綻し翌1569年(永禄12年)に
駿河今川氏が滅亡。今川氏を救援すべく武田氏に報復行動をとった後北条氏はいよいよ
足柄峠の固めが重要となり、1569年〜1571年(元亀2年)にかけて足柄城を大幅に改修、
武田軍の来攻に備える。この間、足柄峠から駿河方面へ山を下りた所にある
深沢城(静岡県御殿場市)では武田軍と北条軍の間で激しい争奪戦が繰り広げられており
峠を守る足柄城の強化は急務でござった。深沢城主・北条左衛門大夫綱成(つなしげ)が
玉縄城(神奈川県鎌倉市)へ退避する際、一時足柄城に入り在番したという話もあり、
足柄峠は武田氏に対する後北条氏の絶対防衛線として考えられていたようだ。武田信玄も
その情勢を見て無理な足柄越えをする事はなく、結果として足柄城での戦闘は回避された。
後北条氏と武田氏の間はこの後に好転、再び不戦同盟が結ばれたものの1581年(天正9年)に
発布された後北条氏の「はまいは(浜居場)掟」や翌1582年(天正10年)の「足柄当番之事」では
近隣の浜居場城や猪鼻(いのはな)城と共に足柄山中の通行を厳しく制限する拠点と
位置づけられている。武田氏に対しては一瞬たりとも気が抜けない状況にあり、それだけに
足柄峠の防備は必要不可欠であったのでござる。
さて武田氏が滅亡した後、旧武田領は徳川家康が得たものの、その家康は1586年(天正14年)
豊臣秀吉の傘下に入り、相模と甲斐の国境は実質的に後北条氏と豊臣氏の領土境界となる。
秀吉は後北条氏を天下統一事業における最終の敵と見做していたため、後北条方はまたもや
足柄城での防備を固める必要に迫られた。1587年(天正15年)足柄城番に一門衆の北条
右衛門佐氏光が任じられ、来たるべき豊臣軍との大戦に備え更なる城郭拡張が行われた。
開戦直前の1590年(天正18年)3月には北条左衛門佐氏忠が足軽100名ほか鉄砲・弓・鑓隊を
率いて入城、決戦に備える。ところがいざ戦いが始まるや、同じく豊臣軍との最前線となった
山中城(静岡県三島市)がわずか半日で陥落したという報が入り、氏忠は小田原城へと撤退。
足柄城には守備隊として依田大膳亮が残されたのだが、豊臣方の将・井伊直政の攻勢を
受けるとろくに戦わず引き払われてしまった。この時の状況を「関八州古戦録」では
「雑兵二十六人計して忽ちに開き去る」と記している。城を退去した城兵は小田原城の
籠城戦に加わったと言うが、これにより足柄城は役目を終え廃城となった。
現在城跡は芝生を敷き詰めた広場となってござる。しかし良く見れば、この広場の
そこかしこに石材が埋まっている。即ち、後北条氏による最終改修においてこの城は
石垣ないし礎石建物のいずれかが構築された可能性を秘めている事になる。縄張は
足柄古道を側面攻撃するような形で5段の曲輪が展開、各曲輪の間は空堀で仕切られていたが
こうした遺構は残存して散見できる。また、城内井戸として用いられていた玉手池には
今でも水が湛えられており申す。伝承では池の底が小田原まで通じているとかいないとか…?
事の真偽はともかく、足柄城は城とは違う愛好家の方にも有名。
ここから眺める富士山は絶景で、富士愛好家がこぞって写真撮影に訪れる場所でござる。
眼下には御殿場の盆地、その奥に富士山の雄大な全景。特に夕景は美しいですぞ。
城見物だけでなく、ちょっとしたハイキング気分で訪れるのも良いかと。
但し、城跡まで通じる道は曲がりくねり幅も狭いので、運転にはご注意を。


現存する遺構

井戸跡・堀・土塁・郭群








相模国 沼田城

沼田城址碑

所在地:神奈川県南足柄市沼田

■■駐車場:  なし■■
■■御手洗:  なし■■

遺構保存度:★■■■■
公園整備度:☆■■■■



別名で沼田山城とも。群馬県の沼田城と区別する為「相模沼田城」と称するのが慣例。
その名の通り、この地に勢力を張った沼田氏の山城と記録される。が、この沼田氏は
出自が波多野氏に連なるという事以外、詳細不明でござる。そもそも波多野氏は
俵藤太(たわらのとうた)こと藤原秀郷から始まる家系にして(波多野城の頁を参照)
松田・河村(下に記した河村城の周辺)・小磯(現在の大磯)など神奈川県内の各地に
庶家を分立させた家柄。そうした中、ここ沼田にも波多野氏4代・波多野遠義の6男が配され
沼田七郎家通と称した。年代的には平安時代末期の事と考えられ申す。こうして興った
沼田氏統治時代の応永年間(1394年〜1427年)沼田左衛門尉が沼田城を築いたとされる。
ここを拠点とし、足上郡(現在の足柄上郡・南足柄市)の南部に勢力を広げたようだが、
その沼田氏は1416年(応永23年)に起きた上杉禅秀(うえすぎぜんしゅう)の乱で禅秀方に
属し敗北、没落した。沼田氏に代わって小田原・南足柄近辺を領有したのは大森氏。
小田原城の築城者として有名なあの大森氏でござる。駿河国御厩(御殿場)から勢力を
伸ばした大森氏は駿河東部・箱根山塊・相模西部にまたがる広大な領土を得て
扇谷(おうぎがやつ)上杉氏配下の有力な将となり、この過程において沼田城も整備
改修され拠点とされたらしい。しかしその大森氏も伊勢新九郎長氏、すなわち北条早雲に
領土を奪われて没落、沼田城は小田原後北条氏の支配下に入ったのでござった。
その後の城の経歴は詳らかではない。発掘調査に拠れば、後北条氏の得意とする
畝堀(うねぼり、空堀の底に小さな仕切りの土手を多数構えたもの)が検出されたと
言うが、後北条氏が本拠の小田原に近接し過ぎるこの城をいつまで用いたかは謎である。
現在、城跡は周囲が住宅地化されつつある状況の中、主郭部と思しき部分だけは山林のまま
残されており申す。若干田畑として手が入っている場所もあるが、ほぼ放置状態なので
所々に土塁や堀跡と思われる地形が残存。丘陵部にありながら水利も良かったようで
築城するには適した場所だったと思われる。もっとも、現状は史跡として整備されて
いる訳ではないので、よほどの城マニアでなければ果たして城跡と分かるような状況とは
言えないだろう。写真にある標柱だけが唯一、城跡だと証明するものになっている。
場所は伊豆箱根鉄道大雄山線の相模沼田駅から真っ直ぐ西に向かい、急勾配の坂を
登り切った所でござる。急傾斜地の頂部だけあり、周囲(特に北東方面)の見晴らしは良い。
かつてはさぞかし哨戒に適した城郭であっただろうと推測させてくれる城跡である。


現存する遺構

堀・土塁・曲輪








相模国 河村城

河村城址碑

所在地:神奈川県足柄上郡山北町山北・岸

■■駐車場:  あり■■
■■御手洗:  あり■■

遺構保存度:★★★■■
公園整備度:★★■■■



山北町にある河村城も対武田氏用に作られた後北条氏の要塞でござる。場所はJR御殿場線
山北駅のすぐ南にあり、山頂の城跡からは山北の町や国道246号線、東名高速道路の
都夫良野トンネル、それにJR御殿場線が一望。昔からここが甲斐国へ抜ける交通の関門で
あったことが容易に想像できる。
そもそも城の創建は平安期に遡り申す。上記の通り、波多野一族のうち波多野遠義の2男
河村秀高がここに封じられ築城したと言われる。もっとも、これは平安時代の事なので
現在に残る河村城とは規模も違うし山頂ではなく山麓に作られた居館だったと想像されよう。
秀高の子・義秀は源頼朝の石橋山挙兵に際して平家方へ属して所領を没収されるが、
1190年(建久元年)鎌倉で行われた流鏑馬で見事な技量を示して本領復帰を認められたと
鎌倉幕府の公式史書「吾妻鏡」に記されているのでござる。こうして父祖の地を守った
河村氏は、この山麓居館を拠点として武家政権草創期である鎌倉時代を乗り越えてきた。
南北朝期になると河村氏は南朝方に属して新田義興、脇屋義治らと協力。河村城は
1352年(正平7年・文和元年)から2年もの長期に渡り畠山国清を総大将とする北朝軍に
攻められ籠城する。しかし武運拙く河村城は落城、新田勢は甲斐へ落ち延び、城主であった
河村秀国・秀経をはじめ河村一族のほとんどはは討死したとされる。この頃の河村城は
現在の城跡よりも東に位置する浅間山にあったようだ。
然る後、河村の地は畠山国清が領し、続いて関東管領上杉氏の支配下に入ったのだが
15世紀中盤に小田原を中心とする西相模地域は上杉氏から大森氏に支配権が移り、河村も
大森氏の領土となる。その大森氏が15世紀末、後北条氏に倒されると、同様にこの地は
後北条氏の領土とされたのでござる。この過程で河村城は現在の位置に築かれ直されたと
考えられよう。以後、河村城は後北条氏が甲斐方面に備える戦術拠点として整備拡張されて
いくのでござる。特に甲相駿三国同盟が崩壊した後の元亀年間(1570年〜1573年)は
武田氏との緊張状態はピークを迎え、これに関連して河村城は大幅な改修を受けた事が
「相州古文書」に残されている。現在に残る遺構から察するに、こうした増強工事の結果
山全体をいくつもの曲輪に分けた要塞にし甲斐から相模へ抜ける街道を威圧する効果を
狙ったものと思われる。武田氏が滅亡すると、今度は豊臣氏が後北条氏の仮想敵となったが
1590年の関東征伐において河村城が戦場になったかどうかは定かでないまま
恐らく後北条氏の滅亡と共にこの城は廃城になったと見られ申す。
現在の城跡は河村城跡歴史公園となっている。訪れる人もまばらな静かな公園でござるが
城跡としての見所は多い。山北盆地の南を塞ぐ小高い山が城跡になっており、裏手には
酒匂川が流れてこれを天然の濠として利用していたのでござろう。JR山北駅から城跡主郭へ
続く登山道が延びており、その途上には後北条氏の築城法に特有な畝堀がそこかしこに
掘られている様子が見てとれる。山頂部へ登る山腹を数段の曲輪として重ねた縄張で、
各曲輪はいずれも急峻な切岸として防備を固めている。この城山北面は特に急斜面なので
登山する際には注意されたいが、つまりこれは甲斐方面への街道を掌握する北側を
戦闘正面として固く守っていた証でござろう。畝堀の端には貯水池として用いられた
“姫井戸”などもあり、端々までじっくり見学したい。
他方、主郭から東側に延びる尾根伝いは比較的広い曲輪がいくつか構えられている。
こちらは主に屋敷地として用いられていたであろう事が推測されるが、北側に比べて
緩やかな斜面になっており、戦闘区域とは別の環境にあったのが明白。その対比が
面白い。こうした屋敷地と、主郭の間は巨大な堀切で分断されている。この堀切も畝堀で、
後北条氏が念入りに城郭整備していた状況が窺えよう。発掘調査に拠れば、主郭では柱穴が
検出され、古銭や陶磁器の破片も出土している。この城に常駐し生活していた者が居た
証拠であろう。河村城は戦闘と居住を両立させた山城でござった。
山北町ではこの城跡を数年がかりで公園整備しており、徐々に綺麗な状態で展示されるよう
変貌してござる。ややもすれば手を加えすぎ?と批判される事もあり、特に主郭裏から
居館区域へと至る道は巨大なコンクリートで固めた堤防のようになってしまっていて
城郭愛好家からは「興醒めだ」との声が多いものの、これは大堀切を保護するべく大きく
山の斜面を迂回して遊歩道を構築した為なので、あまり酷な批判は控えたい。兎に角、
街道を監視する位置の山は天険の要害、しかもそこには重武装の設備とくれば
城マニアにとってかなり興味を引く場所なのではないだろうか (^ ^)
別名で戸張城、猫山城などの名がある。


現存する遺構

堀・土塁・郭群
城域内は県指定史跡




石垣山城・今井陣場・真鶴台場  大庭御厨関連城館群・殿屋敷・一宮館